総がかり行動と民主党の再建


 今日は 安保法制廃案を目指す総がかり行動の日だ。私も参加する。


  そうした中、維新の分裂が決定的になりつつある。民主党も政権をとったにもかかわらず、消費税問題で党内がまとまらず、分裂を繰り返したことが国民の信頼をなくした最大の原因であった。


  今の岡田民主党は党内議論を尽くして党内をよくまとめ、安保法案について廃案を目指すことで党内一致して行動している。こうした姿勢が国民の信頼回復につながってくる。


  維新はもともと橋下氏の「集権」「右翼」的政治体質をマスコミをうまく誘導し、「分権」「第三極」と表現させて伸びてきた。そして、「東京」に対する対抗心を巧みにあおることで大阪を中心に圧倒的な支持を得てきた。しかし、分裂を繰り返し、橋下氏自身豹変を繰り返すことで、橋下維新は全国的には信頼を失っている。


  自民党一極政治を改めるには、自民党に対抗できるまともな政党を再建しなければならない。その中心はやはり民主党だ。民主党は格差の是正、環境重視、そして戦争加担をしない平和主義を中心に据えて、再建を進めるべきだ。

今日の一言 トップに戻る