安倍談話で特に気になったところ


  安倍総理の談話で特に気になったのは「あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子供たちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」という言葉。


  安倍総理が尊敬してやまない祖父である岸信介元総理をはじめとする戦前の政治家の誤った判断で太平洋戦争に突入し、国内外の多くの人が犠牲になったことは、しっかりと若い世代にも伝えなければならない。そして特に安倍総理は、祖父である岸si信介元総理が太平洋戦争の開戦に東条内閣の商工大臣として署名したことを、歴史的に誤った判断であったと認め、そのことを子や孫に伝えることこそが、岸元総理を祖父に持つ安倍総理に課せられた特別な責任である。


  すでに安倍総理は一次内閣の時、私との予算委員会の質疑で、岸元総理の太平洋戦争開戦の署名は歴史的に誤った行動であったことを認めている。次の世代のことを第三者的に言うのではなく、安倍総理本人が岸元総理の孫であり、その政治的遺産を受け継いだ政治家であることを自覚して、受け継いだ責任を含めて発言をするべきだ。

今日の一言 トップに戻る