誠実さに欠ける安倍談話


  安倍談話がが閣議決定された。問題とされたキーワードはすべて盛り込まれた。しかし唯一欠けているのは安倍総理自身の誠実な気持ちの表明だ。


  全体を読んで感じるのは、歴史学者の様な客観的解説であり、安倍総理が尊敬してやまない祖父である岸信介元首相をはじめ、満州事変から太平洋戦争に進んだ当時の日本の指導者が、誤った侵略戦争を行ったという事実に対する安倍総理自身のお詫びの気持ちが全く表明されていないことだ。


 「侵略」や「お詫び」キーワードは全て引用の形をとり、自らの歴史認識として語っていない。 安倍総理を応援してくれている「日本会議」を中心とした右翼勢力からの批判を恐れて、曖昧な形をとったのだろう。右顧左眄が過ぎる。

今日の一言 トップに戻る