だらしのない自民党


安保法案が衆院の委員会で強行採決された。議論すればするほど国民の反対が増えるのを見て、これ以上内閣支持率が下がらないうちに安保法制を成立させたいと、安倍総理は強行採決に踏み切った。


  昨日は採決に反対する集会で予想以上の人が集まり、私も国会前で請願を受けたが、すべてのデモ隊通過するのに3時間半かかった。


  安倍総理は自分と岸元総理を重ね合わせて、ますます自信を深めているようだ。もともと国民のことを考えての法案ではなく、おじいちゃんの岸元総理ができなかった憲法改正をやるために第一弾の法案だからだ。


  自民党内でも安倍総理の姿勢に疑問の声は鬱積している。しかし、右翼集団「日本会議」に支持されている安倍総理には向かえば、裏切者と「日本会議」系のマスコミや評論家から裏切り者と徹底的に批判されるのが怖くて中堅、ベテランの議員は村上誠一郎氏を除いてみんな沈黙を守っている。自民党もだらしのない政党になったものだ。

今日の一言 トップに戻る