川内原発に核燃料装填


  昨日、鹿児島の川内原発に核燃料を装填する作業が始まった。

  しかし、川内原発1号機には大きな問題がある。
  金属は長期間放射線の照射を受けると材料が劣化することが分かっている。そこで全ての原発は運転開始から30年を経過するまでに原子炉設置者は劣化の状態を調べ、原子力規制委員会に報告し,保安規定変更の申請を行うことになっている。

  川内原発1号機は運転開始から30年を超えているのに、申請に対する原子力規制委員会の認可はまだ出ていない。つまり、経年劣化に対する規制委員会のチェックは済んでいない。

  もし、この状態で再稼働が行われれば、30年以上経過した原子炉を経年劣化のチェックを受けないまま運転することになる。規制委員会の担当者は、設置者の申請があれば認可が無くても再稼働できるといった説明をしているが、そんな規定はどこにもない。経年劣化を30年の節目にチェックするという法の趣旨からして、規制委員会の認可を受けずして30年を超えて原子炉を運転するのは法に違反する。

  今日この問題で内閣に質問主意書を提出する予定だ。

今日の一言 トップに戻る