自民党の焦り


   安保法制は憲法違反とする世論の高まりに自民党が焦っている。党内の若手勉強会までストップをかける執行部に顰蹙の声が上がっている。


   自民党は多様な議員がいる保守政党として、国民の多様な意見を集約することで、長く政権党の座にあった。それが党内の異論を執行部が権力的に抑え込む姿に自民党支持者からもおかしいとの意見が噴出している。安倍総理は「保守政治家」ではなく「右翼政治家」であることに自民党支持者を含め多くの国民が気が付き始めた。


  安倍総理は小泉さんとは別の意味で「自民党をぶっ壊す」つもりだ。つまり自民党を保守政党でなく右翼的イデオロギー政党に変えようとしている。


  岸信介元総理が東條内閣の商工大臣として開戦に署名した事を「間違っていた」と安倍総理は第一次内閣当時、私の質問に答えたが、今は同じ間違いを強引に押し進めようとしている。

今日の一言 トップに戻る