乱気流の政局


  安保法制の是非をめぐる政局が乱気流の様相を呈している。


  1つは安倍総理と橋下市長の会談。もともと安倍総理同様に右翼的思想の持ち主である橋下氏が、政界を引退すると宣言した舌の根も乾かないのに、焦点となっている安保法制で安倍総理に同調する構えを示した。自らの生き残りのためにも橋下氏の引退を撤回させたい大阪維新のグループは橋下氏に呼応して動き出している。


  国会の会期延長の幅がもう一つの焦点。通常国会は一度しか会期延長ができないルール。お盆の時期は国会を休むのが通例だが、安倍総理は「安保法制を夏までに成立させる」というアメリカ議会での約束を守るためには9月近くまでの延長を考えているようだ。



  9月になれば自民党の総裁選がある。安倍総理が安保法制で失速すれば波乱含みとなる。大幅延長して安保法制が成立しなければ安倍政権は持たない。


  維新の党の代表選も9月。橋下氏の影響下にある大阪グループとそれ以外のグループが一つの党としてまとまっていけるか微妙だ。


  来年の参院選を念頭に置いたいろいろな相談が私のところにも来ている。

今日の一言 トップに戻る