東洋大学での講演と国会質疑


  昨日は東洋大学で「原発とエネルギー問題」という題で講演をした。若い人が熱心に聞いてくれた。


  講演後の感想では「原発事故の怖さがよくわかった」という意見に加え、原発が無くてエネルギーの供給が不安定にならないかといった質問もあった。再生可能エネルギーの持つ大きなポテンシャルについて十分伝わっていない。自民党政権の原発が必要というキャンペーンが若い人にも影響を与えているようだ。


  昨日の本会議では「女性活躍法案」について民主党の山尾志桜里議員が質問に立った。内容のある鋭い質問に、閣僚はたじたじの答弁だった。先日の党首討論にしろ、野党の議員の厳しい質問に対し、安倍総理をはじめ閣僚からは逃げの答弁が目立つ。

今日の一言 トップに戻る