イギリスの総選挙


   イギリスの総選挙では予想を覆して、保守党が単独で過半数を占め単独政権を樹立。その中で注目すべきはスコットランド民族党がスコットランドの議席59の内58を占めたこと。


   昨年のスコットランド独立を問う住民投票がスコットランド民族党の躍進の背景にある。


   小選挙区制では反映されにくい地域問題や脱原発などのワンイシューについて、直接投票で住民(国民)の意思を政治に反映させる事は、脱原発実現にとって非常に参考になる。

今日の一言 トップに戻る