福井からの手紙


  福井に住む友人から手紙をもらった。高浜原発の再稼働を認めないという裁判所の決定を喜ぶと共に、原発が地域経済の中心となっている地域では原発は一種の麻薬のようになっているという手紙でした。

 

  そのため、福井の多くの原発立地自治体の選挙でも原発を争点とする候補者が少ないという新聞記事も送ってくれました。

 

  こうした原発依存の悪循環を断ち切るためには二つの事業を進めることです。1つは原発の廃炉を決め、廃炉事業を進めることです。廃炉事業は少なくとも30年かかるので、その間雇用が確保されます。 

 

 それに加えて原発立地自治体に優先して再生可能エネルギーによる発電事業を誘致すべきです。福島県の会津電力も地元の経済人が立ち上げた事業です。原発立地自治体を特区的に優遇して、再エネ発電事業を立ち上げることで、悪循環を断ち切ることができるはずです。

今日の一言 トップに戻る