高浜原発差し止め仮処分決定の重大な意味


  今日午後福井地裁は、高浜原発3,4号機の運転差し止めを命じる仮処分命令を発令した。この命令の持つ意味は極めて大きい。


  関西電力は今年中に高浜原発3,4号を再稼働させ、建設から40年を超える1,2号の運転延長を認めさせようとしていた。しかし、「仮処分」はすぐに効力を発揮し、決定の取り消し・変更や仮処分の執行停止がない限り3,4号の再稼働できず、今年中の再稼働の可能性は極めて小さくなった。そして新しい3,4号機が運転できないのに建設から40年を超える古い1,2号機の運転が認められることは常識的には考えられない。

  

 4つのプレートの境目に位置する日本列島の地震による原発の重大事故の可能性を、司法が認めた今回の決定は極めて重い。近く予定される川内原発の仮処分の判決も注目される。


  国民の多くが望む脱原発を安倍政権は無視している現在、司法が果たしている役割は大きい。何とか、福島原発事故から5周年を迎える来年までに、国会でも原発再稼働を阻止する力を結集したい。

今日の一言 トップに戻る