欧州での講演「福島原発事故から何を学ぶか」


 国際的 環境団体グリーンクロスインターナショナルの欧州での企画に招待され、パリに来ている。「福島原発事故から何を学ぶか」というテーマで話し合う。福島原発事故後の状況について、欧州では極めて関心が高く、この会合も注目されている。午後の会合には政府関係者や原子力企業の関係者も出席すると聞いている。


  会合では私に加えて飯田哲成さん、富岡から避難している青木淑子さんの3人が講演する予定。私はいつものように、福島原発事故に直面した体験をもとに話をするつもり。


  明日はイギリスのウエールズで同じような会合が予定されている。ウエールズにはウイルファ原発がある。この原発を所有する電力会社ホライズンを日本の日立が買収している。そして、古い原発のリプレースとして沸騰水型の原発を日立が建設する計画が進んでいる。これに反対する運動も現地で起きている。反対運動の人も集会には来るそうだ。

今日の一言 トップに戻る