法人税引き下げ競争がもたらす格差


ピケテイ氏の指摘の中で、国家間の税率引き下げ競争による格差拡大はまさに日本の今日的争点だ。

 

企業収益が増大している今、何故企業の法人税負担を自民党は下げようとするのか。その理由とされるのは外国に比べて法人税率が高いと企業が国内から逃げるからという。もっともな理由に思えるが、そのことが企業の利益をより大きくし、格差拡大に繋がっていることをどうするかを考えなければならない。過度の法人税引き下げ競争を止めるための国際的な協議が必要だ。

 

自民党の現執行部は、安倍総理を始め世襲資本主義を当然視するメンバーが多い。格差は実力の差から来ていると主張するが、世襲 からくる格差 には目をつむっている。

今日の一言 トップに戻る