予算委員会


  予算委員会の議論が始まっている。

 

  長妻議員は格差拡大問題、山井議員は介護報酬を引下げ問題、馬淵議員は昨日の日弁連の勉強会でも問題になった、事故前30年間の原発稼働率を前提として自然エネルギーの枠を決めることの矛盾を取り上げていた。若手の小川淳也議員や後藤祐一議員も頑張っていた。

 

  民主党の中堅・若手議員は政権与党の時の経験を活かして、対案を示しながら鋭い質問を繰り返している。こうした議論が伝わることで、民主党への国民の信頼回復につながってほしい。

今日の一言 トップに戻る