民主党の新体制


  岡田代表の下の民主党の新体制が固まった。


  幹事長は枝野氏留任、代表選を争った細野氏を政調会長に、長妻氏を代表代行に配置。代表選で明らかになった安全保障政策をめぐる岡田、細野両氏の意見の違いも、細野氏が岡田代表の意見に従う前提で政調会長を受けたことで、一応の挙党体制が出来上がった。


  国対委員長に高木氏、選挙対策委員長に玄葉氏、幹事長代理に福山、近藤昭一両氏。手堅い布陣だ。


  通常国会召集も目前に迫り、日本人人質事件も発生し、波乱の国会幕開けになる。新体制では代表、幹事長、政調会長いずれも論客ぞろい。岡田代表の下に意見を集約して論戦に臨めば民主党の存在感も高まるはずだ。

今日の一言 トップに戻る