民主党代表選(2)


  解散直前、細野氏が維新の党との新党構想を提案したことについて真意をただすなど、民主党代表選での論戦が活発になっている。


  大阪維新は「既得権益」批判の一環として、大阪の公務員の労働組合を徹底的に批判し、その中から支持を拡大してきた。恵まれない非正規雇用の労働者を支援することは理解できるが、正規、非正規労働者の間での対立を激化させることになるとしたら、非正規雇用の人たちにとっても必ずしもプラスにならない。


  いかにすれば格差の拡大を防ぐことができるか、そうした議論を国民の前で展開してほしい。

今日の一言 トップに戻る