野党の準備ができていないが、安倍総理の唯一の姑息な解散理由


  昨日安倍総理が消費税引き上げの先送りと今月21日の衆院解散、12月14日の投開票を表明した。


  昨日の安倍総理の記者会見を聞いたが、支離滅裂。アベノミクスが失敗したから景気が低迷し、消費税引き上げを先送りしたのに、アベノミクスは成功していると強弁。成功しているというのなら消費税引き上げを先送りする必要はないはず。


  そしてなぜ年末のこの時期に予算編成を遅らせてまで解散するのかという質問にも、安倍総理は消費税引き上げ先送りを理由に挙げるが、本音ではない。唯一の考えられるのは、野党の準備ができていない今なら勝てるから、というのが安倍総理の本音。あまりにも姑息だ。


  しかし有権者にとっては解散は、安倍政権2年間の政策を問うことのできる大きなチャンス。安倍総理が強引に進めている原発再稼働推進も、閣議で強引に決めた集団的自衛権容認も国民の過半数は反対。問題はそれが議席に反映できるかどうかだ。


 2年前の総選挙で自公与党の得票は野党を下回り、過半数には遠く及ばなかったが、議席数では過半数を大きく超えた。野党が乱立し、票が割れた結果だ。今回は、維新との住み分け、みんなの党など野党議員との合流といった、民主党を中心とした野党協力の協議が急速に進んでいる。


  安倍総理の「野党がまとまらないうちに解散すれば勝てる」という姑息な思惑を打ち破れるか、時間との勝負だ。

今日の一言 トップに戻る