ノーベル賞と職務発明


  青色発光ダイオードの発明に対して、3人の日本人にノーベル賞が授与されることが決まった。子供の頃、発明にあこがれていた私にとって、特にうれしいニュースだ。長年研究を続けてきた赤崎さんと天野さん、そして実用化への道を開いた中村さんに心からおめでとうと言いたい。


  中村修二さんはサラリーマンとして働いていた時期に、実用化を可能にする発明をした。企業内での研究で生まれた発明について、特許権が誰に帰属するかという「職務発明」という問題がある。発明は人間の頭脳によって生み出されるもので原則的には発明は発明者のもの。しかし、企業の一員として職務上の研究から生まれた発明(職務発明)については、あらかじめ企業が特許権を継承できることとなっている。


  職務発明をめぐって、その対価をどう決めるかという問題で、当時中村さんは発明者の権利をもっと認めるべきという立場で一石を投じた。スポーツ界では一流選手は巨額の報酬を受けるが、発明者でそうした例はあまり聞かない。発明者の権利をより積極的に認めることは若い人が科学技術の分野に進む刺激になると思う。

今日の一言 トップに戻る