ストップ・川内原発再稼働全国集会に参加


  昨日、鹿児島市で行われたストップ・川内原発再稼働全国集会に参加した。


  私は御嶽山の噴火が全く予知できなかったことに触れ、桜島など火山地帯に囲まれた川内原発の危険性をまず話した。


 また福島原発事故では地震発生からわずか4時間後に1号機のメルトダウンが始まっていたこと、12時間後には溶けた核燃料が圧力容器を突き抜けて格納容器の底に落ちたことを話した。そして格納容器の外まで出ていたら250キロ圏の5000万人避難という最悪のシナリオになっていたことなど福島原発事故の本当の姿を伝えた。


  国民の大多数は原発再稼働に反対している。そして再稼働しなくても必要な電力が供給できることは実証済み。国会の構成が国民の声を正しく反映できていない。


  今日から始まる臨時国会で一強多弱の国会を変えていくことが必要だ。

今日の一言 トップに戻る