川内原発と再生可能エネルギー


  九州電力が再生可能エネルギーの買い取りを中断すると発表。太陽光発電など、再エネによる発電量の増大に送電設備が間に合わず、安定供給に支障が出るという理由。


  その一方で九電は川内原発の再稼働を急いでいる。再エネの送電設備整備を急げば必要な電力が供給できるのに、それをしないで原発を動かそうというのは原発依存からの脱却を望む大多数の国民の意思に反する態度だ。電力会社が地域独占だからこんな理不尽なことができるので、自由競争になれば九電は不買運動の対象になるだろう。


  明日、川内原発再稼働を巡る問題で鹿児島に行く。

今日の一言 トップに戻る