近藤原子力委員長の調書を読む


 公開された政府事故調の近藤原子力委員長の調書の「福島原発事故の対応について」を読んでいる。事業者と政府の役割などが分かり易く述べられている。


 つまり原発自体のオペレーションなどオンサイトは事業者の責任、住民避難などオフサイトの事は政府の責任と明確述べられている。私の認識も同様だ。


  その中で、原発の状況に対応して政府として避難範囲を拡大したことについては評価されている。他方で、近藤委員長は総理がベントを命令したと理解し、その点は批判している。


  しかしこの点は誤解だ。ベントをやりたいと了解を求めてきたのは東電で、それを受けて原子力安全委員長などの助言に従って、了解したもの。ベントの実施が遅れて格納容器が一層危険な状況になったので、なぜ遅れているのかを東電本店から来ていた武黒フェローに問うた事はあったが、私がベント自体を命令したわけではない。


  マスコミも近藤委員長の調書など、長年原子力政策にかかわってきた専門家の証言もしっかり検証してほしい。それが今後の原子力政策を考える上で極めて重要だからだ。

今日の一言 トップに戻る