フジテレビは現地訪問が住民の避難を判断するためだったことを報道せず


  吉田調書に関して私を直撃したと言うフジテレビの報道を見た。取材で私が強調した 現地視察をした理由を全く報道していない。

 

  私は住民の避難を判断するのは原子力災害対策本部であり、本部長としてベントがいつ行われるか、その時どの程度の放射性物質が放出されるかを知る必要があったこと。東電本店から官邸に来ていた武黒氏は説明ができなかったこと、そのため現地に行って責任者から話を聞く必要があったことを繰り返し述べた。それにもかかわらず、住民避難の判断のための現地訪問であったことを、フジテレビはわざと報道内容から省いている。そして国会事故調の「過剰介入」と言う見解を紹介している。原発がどの程度危険な状況にあるのかを知ろうとすることが過剰介入と言うのは住民の避難を考えなくてはならない原子力災害対策本部の本部長の立場を全く理解していないからだ。

 

  フジテレビはなぜ私が強調した住民避難の判断のための現地訪問であったと言う私の発言を報道しなかったのか、説明を求める。作為的報道だとしたら大問題だ。

今日の一言 トップに戻る