余りにも情けない読売新聞の姿勢


  昨日の夕方、読売新聞から一枚のファックスが届いた。そこには「菅直人議員のブログ掲載文書をファックスで受領しましたが、この文章にあるご要望にはお応えできません」とあった。


  つまり8月31日付の社説で私を名指しで批判したことに対する私の反論に対して、全く何も答えないで、逃げようとしている。


  私は読売新聞に対しては、見解が異なることも多いが、太平等戦争の検証など勇気を持って取り組んだ姿勢など評価するべき点も多々あると思っている。また小泉元総理の原発ゼロ発言に「見識を疑う」と社説に書き、その後小泉氏に反論を紙上に掲載し、反論権を認めたことも評価している。つまり、社説などで主張したことに対しての反論に真正面から向かい合う姿勢を評価していた。しかし今回の対応は「逃げ」の一手。あまりにも情けない態度だ。


  これが渡辺主筆の判断なのか聞いてみたい。

今日の一言 トップに戻る