安全基準か規制基準か


  昨日、原子力規制員会は川内原発について新規制基準に適合しているかどうかの審査結果を発表した。今後30日間パブリックコメントを求め、それを検討した上で最終的に審査結果を正式決定する。


  この発表について読売新聞と産経新聞は一面トップに「安全新基準に合格」との見出しで報道。しかし審査されたのは「安全新基準」ではなく「新規制基準」である。


 「安全」といえば当然原発立地周辺地域に住む住民の安全性も含まれる。しかし今回の審査に「住民避難」など住民の安全性については審査対象となっていない。


 原子力規制委員会は「新規制基準」と表現しているのになぜ読売や産経が「安全新基準」という用語を使うのか。安倍総理や菅官房長官が住民の安全性も審査したかのように「安全基準」と言っているからだ。つまり、安倍総理のごまかしの片棒を担いでいるのだ。


  規制委会の田中俊一委員長は「安全だということは、申し上げません」と記者会見で明言。あくまで新規制基準に適合するかどうかを判断するだけで、住民の安全性は判断していないことを明確にした。


  安倍総理は集団的自衛権に加えて、原発の安全性についてもごまかしの説明を繰り返している。マスコミの一部もそのお先棒を担いでいる。ごまかし総理の暴走を何としても止めなければならない。

今日の一言 トップに戻る