地中熱(温度)利用


 台風一過、猛烈な暑さになった。


  我が家でこれから効果を上げるのが地中熱(温度)を利用した冷房。冷房といっても積極的に冷やすのではなく、地中の温度を利用するパッシブな冷房。


  原理は次の通り。地下10メートルの地中温度は1年を通してほぼ一定で、地上の年間平均温度といわれている。東京では17度。我が家は床下を断熱材で囲って空気のプールを作り、そこにたまった空気を換気扇で部屋に送る仕組み。床下は地中10メートルの温度とまではいかないが夏なら外気温よりは数度低く、送られてくる空気も外気より数度低い。送られてくる空気の前だと、クーラーをかけなくても結構涼しい。


  クーラーは室内を冷やす以上に外に熱を出し、街全体を加熱する。地中熱利用ではそうした問題は生じない。地中熱は東京のスカイツリーに利用されているが、日本全体ではまだ少ない。究極のクリーンなエネルギー利用として広く普及させたい。

今日の一言 トップに戻る