まやかしの閣議決定


  今日、民主党の憲法・安全保障・外務・防衛合同会議で、閣議決定についての説明を内閣官房から聞いた。


  問題の「集団的自衛権」について、閣議決定では次のように記述されている。


  我が国による「武力行使」が、国際法を遵守して行われることは当然であるが、国際法上と憲法解釈は区別して理解する必要がある。憲法上許容される上記の「武力行使」は、国際法上は、集団的自衛権が根拠となる場合がある。


  どういう意味なのか。集団的自衛権を認める意味か、と多くの人が質問。しかし、内閣審議官は真正面から答えず、訳の分からない説明を繰り返す。


  まさに、まやかしの閣議決定だ。安倍総理は内閣の歴史に大きな汚点を残した。

今日の一言 トップに戻る