閣議決定


  安倍総理は、自分と同じ考えの私的諮問機関と与党の中の議論だけで、集団的自衛権に関する憲法解釈の変更を強引に閣議決定した。まさに立憲主義の根底を覆す暴挙だ。


  安倍総理は言葉は「積極的平和主義」と情緒的な言葉で飾っているが、戦後70年近く守ってきた専守防衛という憲法の基本的考えを捨て去ったことを意味する。手続き的にも内容的にも認めることはできない。

今日の一言 トップに戻る