東電乗り込み時の下村内閣広報官のノート記録


  今日の朝日新聞には、私が東電に乗り込んだ3・15早朝のことについて、当時内閣広報官であった下村健一氏からの取材が記事として掲載されている。下村氏は当時のやり取りを克明にノートに記録していたという。 


  下村氏は官邸には東電からなかなか情報が届かず、「海外とやり取りしているような遠い感じだった」が、東電本店に入ってみると、テレビ会議を通して現場からリアルタイムで情報が入っていたのを知って、「なんで本店からこんなに近い官邸まで情報が届かないんだというのが衝撃でした」と述べている。


  東電での私の発言についても下村氏はノートの記録に基づいて紹介している。私自身の記憶ともほぼ一致している。


  3月15日は福島原発事故が最も厳しい状況となった時で、まさに剣が峰であった。吉田所長を中心とする現場はもちろん、私を含む官邸メンバーも悲壮感に近い緊張感の中にあった。その中で東電本店の東電首脳の態度は「どこか他人事」のように感じられた、というのが下村氏の感想。私も同じように感じた。


  吉田所長をはじめ、当時の関係者の生の証言や肉声の記録から、厳しい状況の中で関係者がどういう行動をとったかが分かる。事故の再発防止にも役立つ極めて重要な記録だ。

今日の一言 トップに戻る