吉田所長と細野総理補佐官


 今日の朝日新聞朝刊は、吉田調書に関連して、当時私の総理補佐官を務めていた細野氏のインタビューを大きく掲載している。2011年3月14日の夜から翌15日の朝までの、福島原発事故が最も厳しかった時期のことが語られている。私の記憶ともほぼ一致している内容だ。


  この時期、東電の撤退問題が浮上し、15日午前4時過ぎには清水社長を呼び、その後東電本店に乗り込み、撤退をしないように強く要請。同時に政府東電統合対策本部を東電本店内に立ち上げ、細野氏を事務局長として常駐させた。


  細野氏はインタビューの最後に「調書を読んで改めて本当にシビアだったと思う」と述べている。全く同感だ。吉田調書を読めば、日本という国が崩壊する崖っぷちにあった事が分かる。

今日の一言 トップに戻る