吉田所長の迫真の現場事故対応の記録


吉田調書に関する朝日デジタルの連載を、東電のテレビ会議の音声も聞きながら逐次読んでいる。吉田所長の大変な状況が彼の音声からひしひしと伝わってくる。

 

複数の原発の事故が連鎖的に悪化し、十分な対応ができない状況が吉田所長のやり取りから良く分かる。特に印象的なのは東電本店からの支援がほとんど届いていないこと。福島第一原発の放射線量が上がったのちは下請けの運転手は原発の敷地にはいることを嫌がった。東電は直属の輸送部隊を持っておらず、電池など必要な資材が現地に届かなかったことが吉田所長と本店のやり取りから分かる。

 

事故発生当日には 東電から政府に電源車の輸送支援の要請があり、警察や自衛隊に支援を指示した。その後そうした輸送支援要請は私のところには伝わってこなかった。東電から支援要請があれば当然応じたはずだ。

 

テレビ会議の音声から吉田所長が人手の応援も本店に要請していた事が分かる。それに十分本店が応じたのかははっきりしない。東電本店の福島第一原発に対する全体的支援体制がどうなっていたのか、今後のためにもしっかり検証しておく必要がある。

 

—————————————

朝日新聞デジタルに掲載されている「吉田調書」に関する特集は下記リンクからご覧になれます。

吉田調書 ー福島原発事故吉田昌郎所長が語ったものー

 

—————————————

HPの活動報告もご覧ください。

福島第一原発の現況と吉田調書

今日の一言 トップに戻る