中国の原発事情


  中国の原発事情を調べている。中国は3・11福島原発事故までは内陸部も含めて原発の建設を進めていたが、福島原発事故を見て地震の多い内陸部での原発建設は中止をしたという。しかし、経済発展著しい沿岸部での原発建設は継続しており、現在21基の原発が10年以内に倍増する勢い。


  中国沿岸部は人口も多く、福島原発事故のような事故が起きれば経済活動も国民生活も大混乱に陥る。このことを中国に伝えたい。中国では経済発展に加えて、大気汚染対策のために石炭利用を抑えたいという動機もある。日本の大気汚染対策技術を提供し、再生可能エネルギーの拡大で原発の建設に歯止めをかけることが中国にとっても日本を含む近隣諸国にとっても望ましい。

今日の一言 トップに戻る