原発建設予定地


  22日、原発建設予定地に近いグダニスクに到着し、原発予定地近くのベロフェロボ市で市長に会う。その後建設予定地近隣の地元政治家、ビジネスマン、反体市民などの集りで話す。たくさんの質問を受ける。

 

  原発事故でのことと同時に再生可能エネルギーについて非常に関心が強い。つまり、再生可能エネルギーで自主的な電力が確保できるなら、原発を作らなくてもいいという雰囲気であった。

 


▲集会で講演する菅直人

 

  会合のあとジャルノベッツ原発建設予定地を視察。原発建設予定地は1980年代に原発建設を始め、チェルノブイリ事故でやめたところ。現地を視察していたら反対派のデモがやってきて合流して現地集会となった。

 


▲デモに飛び入り参加しマイクを握る

 

  夕方には地元クロコバ郡の教会で原発犠牲者を悼むミサを営んでくれた。有難い配慮だ。その後クロコバ郡関係者と夕食会。この地方はリゾート地で、夏には大勢の人が押し寄せるという。昼の集会でもリゾート地に原発を建設することについて意見を求められた。原発がない方がリゾート地にくる人は多いと思う、と答えておいた。

今日の一言 トップに戻る