バーデン・ベルテンベルグ州の首相 


  3月20日、バーデン・ベルテンベルク州のクレッチュマン首相と朝食会。クレッチュマン氏は緑の党に古くからの幹部で今は全国16州の首相会議の議長を務めている。


  ドイツは州の権限が強い分権国家。内政での重要課題は州の意見を無視できない仕組みになっている。バーデン・ベルテンベルグ州やバイエルン州などドイツ南部は自動車産業など経済活動が盛んで、電力需要も大きく、これまでは原発によって電力の半分をまかなってきた地域。2022年の原発全面停止に向けて、エネルギー転換を進めている。



▲握手を交わす菅直人とクレッチュマン州首相

 

  今日一日、水素エネルギー研究センターの視察やオブリッヒハイム原発の廃炉作業の視察など盛りだくさんの予定をこなした。

今日の一言 トップに戻る