ヤツコNRC前委員長と泉田新潟県知事の対談


  今日の朝日の朝刊にヤツコNRC前委員長と泉田新潟県知事の対談が掲載されている。原発事故の時の避難について極めて重要な内容が含まれているので紹介する。


  泉田知事は「柏崎刈羽原発の30キロ圏内に46万7千人の人が住んでおり、原発事故と地震・津波の複合災害が起きた場合の実効性のある避難計画を作るのは極めて難しい。避難指示が出ているところに民間人を入れるのは極めて困難。日本では消防隊が行くのか自衛隊が行くのかという議論すらしていない」と述べている。


 ヤツコ氏は「米国では事前に想定して計画を立て、計画があっても訓練されていないと、原発は稼働できない」と説明。また「米国では原子力規制委員長と州知事は定期的に会って、緊急事態対応の話や原発の現状の話をする」と述べている。


 泉田知事は日本の原子力規制委員長に面会を申し入れているが昨年から断られているという。


 泉田知事はさらに「原子力規制委は、ハードウエアだけの安全水準を確認して仕事を終わりにしようとしている。住民の命を守ってくれる組織に見えない」と核心を突く発言をしている。


  住民の安全に責任を負っている自治体の同意なしに原発の再稼働は許されない。

今日の一言 トップに戻る