原発の争点から逃げる舛添候補


都知事選初日、即原発ゼロを訴える細川、小泉両氏の遊説に、組織的な動員がないにもかかわらず聴衆の集まりは舛添陣営より多い。好スタートだ。


 内容的にも細川、小泉両氏が訴える原発ゼロ政策に対して、初日、舛添氏は原発に触れず、逃げを打っている。


  舛添氏は出馬表明の時、原発の再稼働を認めると言っている。その時発生する使用済み核燃料廃棄物についてどうするのかは明らかにしていない。原発に併設された使用済み燃料プールはほぼ満杯の状態だ。

 もし舛添氏が、東電の新潟・柏崎刈羽原発や福島第二原発の再稼働を認め、発生する電力は東京で使うが、発生する核廃棄物のことは知らないというのでは、都知事になる資格はない。

今日の一言 トップに戻る