無責任な舛添氏


いよいよ都知事選が始まった。舛添氏は細川さんに対して、即原発ゼロをどうやって実行できるかの具体案を示さず無責任と批判している。しかしこれは全く逆だ。今現在稼働している原発は日本に一機もないのだから、再稼働させなければ原発ゼロは実現する。つまり今の状態そのものが具体案だ。それに対して舛添氏はいくつかの原発を再稼働させると言っているのだから、その場合に発生する核廃棄物をどうするのか、その具体案を示す責任がある。


  舛添氏はスローガン的柱しか公約を明らかにしていない。その理由は舛添氏が独自の政策を打ち出すと、支援を受ける自民党や公明党の政策と矛盾することを恐れているからだ。猪瀬前知事と比べてもあまりにも自主性がない。これでは舛添氏はもし知事に当選しても自民党都議団の操り人形になるだけだ。

今日の一言 トップに戻る