注目の細川、小泉会談


 今日予定されている細川、小泉会談を注目。


  安倍総理は「脱原発」が争点になることを警戒して、都政の争点ではないと牽制球を投げている。しかし東京都は事故を起こした福島原発の最大の電力消費地であった。これからは消費者が電力の種類を選択する時代であり、都知事選でその選択を問うのは当然。逆に舛添氏が自民党に気兼ねをして原発問題で態度を鮮明にしないことこそ問題だ。


  原発問題は与野党が争う他の政策とは性格が違う。哲学者の梅原猛先生は原発事故を「文明災」と喝破された。深い洞察力を持つ多くの識者は原発を人間社会と両立しがたいものであると考えて、発言している。


  安倍総理は日本の経済成長のためと短期的利益を求めて原発輸出に力を入れている。文明災を起こす原因を輸出するものだという長期的な洞察がない。

今日の一言 トップに戻る