「もんじゅ」はどこへ


今日の朝日新聞オピニオンの欄「もんじゅ」はどこへに、自民党の村上誠一郎衆議院議員が「店じまいへかじを切れ」と意見を述べている。同感だ。そして最後のところに「官邸は原発の再稼働と輸出を急いでいるから、苦言を呈する人間はアウトサイダーになっちゃう」と述べている。

 


 

  原子力ムラは原発に反対する意見を真綿で首を絞めるように抑え込んできた。自民党内でかなり以前から原発反対を公言してきたのは河野太郎さん。しかし自民党内では変わり者扱いされてきた。民主党内にも似たような雰囲気がある。福島原発事故に内閣の一員として直面してきたメンバーが多いのに、今一つ「原発ゼロ」への歯切れが悪い。

 


 

  いま政治家一人一人が原発について何を語るか、歴史は見ている。

今日の一言 トップに戻る