「原発ゼロ」と「最小不幸社会」


 9月に入り、本格的に活動を再開した。


 私が最重点を置く「原発ゼロ」と「最小不幸社会をめざす政治」とは根っこで深く結び付いている。


  まず、「福島原発事故の真実を語る会(仮称)」を全国各地で開きたい。これまでも招かれて話す機会は数多くあり、直接話を聞いた人は「原発ゼロ」に強く共感してくれた。昨年、静岡県の湖西市の三上市長が会費千円で千人の人を集めて、私の話を聞いてくれた。こうした集会を東京でも企画したい。人集めに協力してくれる人があれば、100人規模でもいいので、「真実を語る会」を全国各地で開催したい。協力の申し出をお待ちしています。


  もうひとつ、経済成長至上主義に陥っている政治を見直しだ。経済成長は配分などがうまくいけば人間に豊かさをもたらすが、今日のように経済成長至上主義にでは、格差が拡大し、うつ病、自殺、孤独化など人間を不幸にする。「最小不幸社会」を実現するにはどういう政治、政策が必要か、「市民政治研究会(仮称)」といった形で、掘り下げた議論をする場を作りたい。

今日の一言 トップに戻る