ネット選挙と脱原発


   参院選挙からネット選挙が解禁された。ネットはマスメデイアのよらない情報伝達手段として魅力的だが、それによって若者を中心に積極的政治参加が増えるかどうか。何とも言えない。単なる言葉の投げ合いでなく、問題を掘り下げて考えを深めるような議論ができるかどうかは疑問。


   昨日は大河原さんの出陣式に参加。候補者である大河原さんは公認を外された悔しさをばねに頑張っている。原発ゼロを実現するためにはいくつかのハードルがある。その一つがすでに貯まっている大量の使用済み核燃料の処理だ。自民党政権はプルトニウムを取り出す原料と位置付けて青森に搬入するを続けるつもり。将来世代への最悪の贈り物だ。


   大河原さんもメンバーの脱原発ロードマップを考える会では、使用済み核燃料をこれ以上増やさず、貯まっているものは、プルトニウムを取り出す再処理は行わず、きるだけ安全に処理する方法を提案している。

今日の一言 トップに戻る