世界的脱原発の動き


  昨日は愛知県豊川市のJCの招かれ、「3・11原発事故から考える主権者の役割」という題で講演を行った。熱心に話を聞いてもらった。夕方には反原発包囲網の国会議事堂正門前の集会であいさつ。


  今日深夜、正確には日本時間6月4日の午前0時5分、羽田発の飛行機でアメリカのロスアンゼルスに出かける。カルフォルニア州のサンデイエゴにあるサンオレノフ原発の再稼働を心配しているグループからの招待。福島原発事故に遭遇したものとしての意見を聞きたいという趣旨。元NRC委員長のグレゴリーヤツコ氏と公開の場で意見交換する予定。


  世界的にも脱原発の動きは確実に広がっている。台湾からも原発の新設に反対しているグループから話に来てほしいという依頼がある。福島原発事故の語り部として、国内だけでなく外国にも機会があれば出かけたいと考えている。

今日の一言 トップに戻る