原発の安全性を確率論ではなく避難民の立場で考える


  今日は奈良で脱原発ネットワークの関係者の講演会に出席の予定。


  朝日新聞の「プロメテウスの罠」の長期連載が続いている。私も多くは当日読んでいるが、書籍化されたものを改めて読み通すと全体像が分かる。


  福島原発事故は続いている。アメリカの原子力規制委員会(NRC)の前委員長のヤツコ氏は原発の安全性を確率論で考えるのではなく、事故が起きた時に多くの人々が故郷に住めなくなるようなところに原発を置くべきではないと述べている。この考えに立てば、日本に原発を置けるところはない。世界にも事故があっても避難する必要のない場所はほとんどない。

今日の一言 トップに戻る