インターネット選挙



  インターネット選挙の研修会に出席。何回か聞いていると技術的な事は分かってくる。しかし、選挙にとってどの様な効果があるかについて、納得できる説明はない。橋下維新代表もツイッターで一挙に全国的な影響力を持つ政治家になった。しかし彼自身が政治理念などを掘り下げて書いた論文は目にしたことはない。

 

 私はネットによる発信と活字による発信と両方の組み合わせが必要ではないかと考えている。内閣と政権党の関係を掘り下げて考える研究会を始めたのも最終的には活字による報告書を残すべきと考えたからだ。作家や音楽家などの芸術家、哲学者の言葉は重くて深い。ネットだけでは伝えきれないものを含んでいる。

 

 選挙運動におけるネット解禁には賛成だが、それが政治の質の向上につながるかどうかはわからない。

今日の一言 トップに戻る