日本政府が安全性を保証するのか


 トルコへの原発輸出が安倍総理の後押しで進んでいる。民間会社が欠陥のある製品を売ってそれが原因で事故が起きた時には、その会社の責任となる。しかし、日本政府が安全性を保証していたとすれば日本政府も責任を負う。

 

 現在、原発事故について損害保険を受ける民間の保険会社はない。福島原発事故のような事故が発生した時の損害があまりにも大きいからだ。そのためコマーシャルベースでは原発の建設にブレーキがかかっている。エネルギー自給の観点から国策として原発建設計画を進めている国がいくつかある。トルコもその一つ。しかし地震の多いトルコに、原発は不向きだ。

 

 自民党は長年原発を推進して来た。事故を起こした福島原発も自民党政権時代に建設されたもの。日本の福島原発事故の教訓を伝えて、火力や自然エネルギーによる発電を勧めるのが福島原発事故を経験した我が国首相の取るべき立場。それとも安倍総理は、福島原発事故は無かった思っているのか。忘れてしまったのか。

今日の一言 トップに戻る