原発の安全性は確率論でなく避難の観点から判断すべき


  淡路の地震のニュースを聞き、18年前の阪神淡路大震災を思い出す。地震列島に原発は建設すべきではない。

 

 NRC のヤツコ前議長が福島を訪れたテレビの特集を見た。彼は、原発の安全性を確率論で考えるべきでなく、大勢の人の避難が必要となる可能性があれば、原発は設置すべきではないと断言した。原発の安全性について被災者の立場を重視した考え。

今日の一言 トップに戻る