ムードと原理


  今後の活動について考えている。原発ゼロをめざす活動はこれからも力を注ぐ。もうひとつ「政権交代可能な二大政党システム」の研究といった課題を考えている。

 

  民主党の今後を考える上で、二大政党システムの必要性やあり方といった原理的問題を議論する必要がある。選挙が一時的ムードに左右される事は避けられないが、ムードだけで民主主義の原理がゆがめられてはならない。

 

  長年にわたり、野党議員、政権党(与党)議員、大臣、総理大臣を経験し、内閣と政権党の在り方について考えることが多い。議員と官僚、そして政治任用の民間人の関係について、さらには国会と内閣の関係も根本原理から考える必要がある。

 

   これからの時間を大事に使いたい。

今日の一言 トップに戻る