安倍首相の『新安全神話』


   今日の朝刊に、安倍首相が原発新設を明言という記事が踊っている。首相は「脱原発」を言葉遊びと言っている。それでは首相自身が自民党総裁選で「脱原発依存」を公約したのも」言葉遊び」だったということか。

 

  世界的にも原発の新設は、計画はあっても着工は止まっている。一つには保険会社が事故の場合の補償を保険として引き受けないため、原発に対する民間投資が集まらないからだ。

 

  福島原発事故の損害を、コスト検証委員会は約6兆円として試算したが、除染などの費用を含めれば、その何倍もの費用がかかるのは間違いない。この補償も東電自力では不可能。福島原発事故で、首都圏まで避難が必要となる「最悪のシナリオ」が現実のものとなっていたら、数百兆円という損害で、だれもその損害を補償できなくなっていた。安倍首相は重大事故の時は電力会社に代わって国が補償するとして、原発の新設を進めるつもりか。

 

  安倍首相の頭は、今後原発は絶対に重大事故は起こさないという「新安全神話」で占領されているようだ。

今日の一言 トップに戻る