安倍政権の原発政策


  安倍政権の原発政策がはっきりしてきた。福島原発事故が紙一重で東京崩壊につながる事故であった事をまったく忘れて、事故は絶対に起こらないという「安全神話」を前提とした原発維持政策だ。

 

  原発が核廃棄物処理を含めて考えればコストが極めて高いものにつくということも、「将来」の問題として、「目先」の電力会社の利益のために再稼動を急ぐ構えだ。

 

  「卒原発」を掲げた未来が崩壊した。民主党内にも私を含め強固な原発ゼロ派と、それに慎重な勢力がいる。改めて「原発ゼロ」派の結集軸を考えなくてはならない。

今日の一言 トップに戻る