石原さんと小沢さんは説明が必要


新党が次々と生まれている。橋下市長や嘉田知事はこれまで国政に直接関わってこなかった人だから、国政改革について自由に何でも言える。

 

しかし、石原さんと小沢さんは違う。石原さんは自民党に25年間在籍し、閣僚もやり、自民党総裁選にも立候補した人。当時できなかった改革が維新で、今度はなぜできるというのか説明が必要。

 

小沢さんは3・11原発事故の後も、民主党在籍中は消費税には反対しても、原発について明確な意見は述べなかった。そして脱原発を表明していた私に対し、内閣不信任案を出すように自民党に働きかけた。
小沢さんは原発について、いつから反対になったのか、どういう理由で考えを変えたのか、説明する必要がある。

今日の一言 トップに戻る