傀儡政党


  「原発ゼロ」が、最大の争点になってきた。歓迎すべき事。日本維新の公約は支離滅裂。総理候補の石原代表が「原発維持」を鮮明にしている以上、維新は「原発維持派」だ。橋下市長は、そうでないというのなら、石原氏を切って代表に返り咲き、総選挙に出るべきだ。市長のまま、石原氏をコントロールし、「傀儡」で使えると考えているとしたら、大間違い。

 

  「未来」も小沢さん支配がはっきりしてきた。これでは嘉田さんは総選挙用の顔として利用されるだけ。小沢さんの「傀儡」で、政党のトップに据えられてうまくいった例は過去に一つもない。

 

  私自身、政党運営では苦労し、失敗も多かった。しかし、誰かの傀儡になった事はない。小沢流の政党運営は顔はだれかにやらせ、実権は握るというやり方。そして顔になった人を、しっかり支えず、気に入らないと電話に出なくなるなど、いじめ始めるというのも特徴だ。

 

  「傀儡」政党はうまくいかない。

今日の一言 トップに戻る